会計ソフトの入力は不要です! 


”経営者も会計(経理のやり方)を知らなければならない!”という妙な理屈で社長に会計ソフトを入力させる税理士が増えています。

社長が知らなくてはならないのは会社の貸借対照表と損益計算書の内容であって経理のやり方ではありません。

大会社の社長は経理部の報告を受けますが、自分では経理はやりませんよね(笑)。

そもそも多忙な社長が簿記を勉強して会計ソフトを入力している余裕はないはず。

よってウエクサは会計ソフトへの入力を全て引き受けます!!

社長は会計ソフトを入力している暇があったら本業に邁進して頂くのです!!


パソコン会計は必要?


軍師税理士


ウエクサは税理士事務所以外の事業も起業しているので起業家の本当の気持ちがわかります。
"ただでさえ忙しいのに簿記の勉強して会計ソフトなんて入力してられないぞ!"と。

このような思いからウエクサはオリジナルのシステムを開発し、通常の顧問料のまま、領収書整理から会計ソフトの入力まで全ての作業を引き受けることを可能にしました。

会計ソフト入力不要ツール 快速元帳


 税理士事務所の多くは顧問先に会計ソフトを購入させ自計化を強制します。
 ”日々の損益を把握できる”というのが会計ソフトを入力させる名目のようですが、起業間もない会社なのに社長が簿記を勉強して面倒な会計ソフトを入力してまで毎日の損益を把握する必要があるでしょうか?
 実際のところその多くは税理士事務所の効率化のためでしょう。
 いずれ会社が大きくなり、事務のお姉さんを雇えるレベルまで会社が成長できれば自計化も必須です。
 ですが起業時から社長が自分の時間を犠牲にしてまで面倒な会計ソフトを入力する必要があるのかは甚だ疑問です。
 ウエクサ事務所は、起業時に社長に無駄な負荷をかけないため、巨費を投じお小遣い帳のように日付と金額と内容だけを入力すれば帳簿が完璧に作成される”快速元帳”を開発しました。
 会計ソフトを入力する労力の10分の一で毎月の損益が把握できる画期的なシステムです。
 もちろん快速元帳は顧問先様に無料配布します。他の事務所のように会計ソフトを買わされる心配もございません!!

快速元帳の使い方


快速元帳


@まずは開きます。
A入力するのは一番左の"月日"真ん中らへんの"出金""入金"あとは"取引先名"と"内容"だけです。
B"取引先マスタ"によく取引をする相手と内容を入力しておくと、自動で入力されます。
C"行"は左上の行追加ボタンを押して増やしてください。減らす場合は−行です。
D月日、金額、取引先、内容以外の部分は入力しないでokです。
Eこの快速元帳は普通のエクセルファイルのようにコピペができるので便利です。
F現金分は領収書を見ながら、預金分は通帳をそのまま写して内容を簡単に入力して下さい。
G入力終わりましたら幣所に送信して頂き、領収書と通帳のコピー等全て郵送して下さい。

 以上で毎月完璧な月次決算が可能です。
 会計ソフトの入力には簿記3級の知識が必要ですが、快速元帳には会計知識は全く必要ございません!!